ムシバイ 食べ方

MENU

ムシバイの正しい食べ方って何なの?

ムシバイの食べ方

ムシバイを食べさせたいけど、食べ方が分からないという声をよくききます。確かにムシバイについては、歯磨き後に行うチュアブルなので、一体どうやって与えたら良いのか分かりませんよね。

 

もしもムシバイの食べ方が間違っているならすぐに直したいものです。ここでは、ムシバイの効果的な正しい食べ方はどのような食べ方なのかを確認してみました。

 

ムシバイの効果的な食べ方

ムシバイの効果的な食べ方は、下の上でコロコロと転がしながら食べるという方法になります。どうして下の上で転がすのが良い食べ方なのかというと、ムシバイには口内環境を整える成分が含まれていますので、ゆっくりと口の中で溶かしてあげることで口内の中に長く留まって良いのです。

噛んでもOK?

基本的には、ムシバイを噛むことはいけないことではありませんが、基本的にはおすすめしません。どうして噛むことがおすすめではないのかというと、噛んでしまうとすぐにムシバイが口の中からなくなってしまいます。

 

口の中からなくなってしまうとすぐに口内環境を整える成分も口の中から消えてしまいますので最大限に効果を発揮することなく終わってしまいます。

 

せっかくムシバイを購入しているのに口内環境を整えてくれないのは困りますよね。そのため、噛むことはNGではないものの、あまりおすすめは出来ません。

食べ方にNG方法はある?

では、絶対にNGだという方法はあるのかというと、ムシバイについては噛むことはいけないことではないものの、飲み込むことは絶対にNGです。子供の場合はまだ喉も細いので詰まる原因にもなりますし、飲み込んでしまうと口の中に留まることがないので全く虫歯予防の効果を発揮することが出来ません。

 

子供はどうしても舐めていると間違って飲み込んでしまうことがありますが、このようなことにならないように、親が与える前にしっかりと舐めるものだということを教えてから子供にあげるようにすることが大切ですね。

 

また、歯が生えていない段階からムシバイを与えることもNGです。歯が生えていない時からムシバイを与えて口内環境を整えようとしても、そこまで小さい子供の場合はムシバイを口の中に入れること自体に負担がかかりますので絶対に使用してはいけません。

ムシバイの効果的な食べ方についてのまとめ

ここでは、ムシバイの効果的な食べ方はどのような方法になっているのか確認してみました。すると、ムシバイについては、出来るだけ長く口の中で舐めていることが効果的な食べ方だということが分かりました。

 

そのため、噛むこともあまりおすすめはしませんでした。噛んでしまうと口内環境を整えることが出来なくなってしまうため、NGではありませんがおすすめは出来ません。

 

そして、絶対にやってはいけないことは、飲み込むことと歯が生えていない子供に与えることでした。この2つは喉に詰まらせる危険がありますし、口内環境も整いませんので絶対に行うことは止めましょう。